モヒカン族の最後〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

  • 早川書房 (1993年2月1日発売)
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 6
3

18世紀半ば、独立前のアメリカ。イギリスとフランスは、インディアンをそれぞれ味方につけ、植民地戦争を繰りひろげていた。この戦乱の中、父親が司令官をつとめるイギリス軍の砦へ向け、二人の姉妹は友人の少佐らと出発した。その途上、敵インディアン、マグワの罠にかかった彼らは、白人の猟師ホークアイ、モヒカン族の若き酋長チンガチクックに救われるが……。アメリカ文学史上に輝く名作。全訳版。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 海外文学
感想投稿日 : 2005年10月25日
本棚登録日 : 2005年10月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする