mageさん  未設定  未設定

もうね、こいつら基本的に変態だよ。あまりにもセカイが濃すぎて、どの作品も全体的に、もう何十日も毎日牛丼を食べてるような、胃もたれ的読後感に襲われる。
いいとか悪いとかよくわからんけど、アングラ過ぎて逆に面白かった。なんというか、gabbaというか。

レビュー投稿日
2008年7月28日
本棚登録日
2008年7月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『早稲田文学1』のレビューをもっとみる

『早稲田文学1』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする