マンガ家になる! ゲンロン ひらめき☆マンガ教室 第1期講義録

4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 1
制作 : さやわか  西島大介  横槍メンゴ  TAGRO  こうの史代  武富健治  コヤマ・シゲト  江口寿史  田亀源五郎  今井哲也  師走の翁  横山了一  ヤマシタ・トモコ  伊藤剛  江上英樹  大井昌和  草原うみ  東浩紀  さやわか  西島大介 
inumaroさん  未設定  読み終わった 

タイトルだけ見るとマンガ家入門本だけど、技術論やキャラクター論、物語論、市場の状況などを織り込んだマンガ批評本として読むことができ、とてもおもしろかった。

ぼくがリアルタイムでマンガ批評を読んでいたのは2000年代後半、著者名で言うと伊藤剛とか宮本大人くらいまで。それ以降、分析的なマンガ批評はアカデミズムに回収され、門外漢にはアクセスしにくくなった印象がある。アカデミズムとは別にマンガについて書かれた本はあるんだけど、どれも「このマンガがすごい!」みたいなもので、ぼくが求めていたものと違っていた(もちろん、気がついていないだけで、良書は出ていたんだろうけど)。

マンガ批評を読まなくなってから、リアルタイムのマンガ自体への興味も薄れていき、この10年くらいはもっぱらアメコミや海外マンガを読んでいた。そういう自分にとって、本書は久しぶりに読んだマンガ批評本で、「そう、こういう本が読みたかったんだよ」と思わせる一冊だった。

その面白さを支えているのは、こうの史代や江口寿史、武富健治、田亀源五郎、ヤマシタトモコら豪華ゲスト講師のマンガ家の講義録だろう。みな語りがロジカルな上に熱がこもっていて、想像以上にマンガに対して雄弁だ。「ゲンロンマンガスクール」という学校の講義で、通常のインタビューとは違うからなのかな。日本のマンガ家って、むかしから「後進を育てる=マンガ界への貢献」に意欲的な気がするし。主任講師のさやわか・西島大介による話の引き出し方も見事。

各マンガ家によって手法は違うが、みな共通して「最後までページをめくらせるにはどうすればいいか」について、具体的なビジョンとテクニックを語っていることが印象的だった。それはつまり、読者の存在を意識しているということでもある。武富健治みたいな作家性が強い人でも、そこはすごく気にしているんだよなあ。

装丁も凝っているし、ゲスト講師によるネームの赤入れも、見ていて勉強になる。久しぶりにどっぷりとマンガを読みたくなってきたよ。

レビュー投稿日
2018年12月11日
読了日
2018年12月11日
本棚登録日
2018年12月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マンガ家になる! ゲンロン ひらめき☆...』のレビューをもっとみる

『マンガ家になる! ゲンロン ひらめき☆マンガ教室 第1期講義録』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする