文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)

3.60
  • (258)
  • (343)
  • (623)
  • (57)
  • (12)
本棚登録 : 3060
レビュー : 244
著者 :
inutoolsさん 京極 夏彦   読み終わった 

相変わらずの千ページ超の大長編。ただ、今回は死生観や儒教、しっぺい太郎などのウンチク話が全体の大部分を占めていたり、やたらと改行の多いページが続いたりと、密度的なことでいえばちょっとボリュームあるかな?くらいの内容。

そして本シリーズの真骨頂である憑き物落としが始まるまでが長い長い。全部で1200ページ近くあるのに、それが始まるのは1000ページを超えてから。ウンチク話が多少(個人的に)興味深かったので、何とかテンション落ち切らずに読み切りましたが、思い返すとストーリー的に起伏のない間は結構辛かったかもしれないです。

だけどやっぱり憑き物落としが始まると、取り憑かれたように読みふけってしまう吸引力がありますな。おぼろげに犯人が誰かと想像できたとしても、その真相はいかに?といった部分で大いに楽しめました。

まさにレンガなみの分厚さを読み切った達成感と、読了直前の憑き物落としによるアゲアゲテンション効果で、★の数が1つ2つ多くなってるかもしれませんが、現段階での正直な評価なんで…

レビュー投稿日
2013年7月24日
読了日
2013年7月24日
本棚登録日
2013年7月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする