傑作ミステリーアンソロジー 京都迷宮小路 (朝日文庫)

3.39
  • (0)
  • (11)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 9
さいたにさん ミステリ   読み終わった 

綾辻、アリス、北森鴻、連城と、錚々たるメンバーで京都、に纏わる短編集と来れば、これはもう。

と、何も考えずにポチったら綾辻は深泥丘奇談だしアリスは学生アリスだし、でもなんだか損した気分にはならず楽しく読めるのがいいところ。
特に有栖川有栖「除夜を歩く」を、元号の変わったこの時期に読み直せたのは縁かしら。
単品で読んでみると、ミステリ談義としての部分がしっかり入ってきてより楽しめました。おいしい。

北森さんの裏京都ミステリも良さげ。しかしタイトルユルすぎるやろ。

レビュー投稿日
2019年8月9日
読了日
2019年8月7日
本棚登録日
2019年8月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『傑作ミステリーアンソロジー 京都迷宮小路...』のレビューをもっとみる

『傑作ミステリーアンソロジー 京都迷宮小路 (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする