話す写真: 見えないものに向かって

3.80
  • (8)
  • (11)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 149
レビュー : 13
著者 :
isamu9さん ノンフィクション(教養書等)   読み終わった 

見えないものに向かって。爆発は芸術か?爆発から生命の誕生を連想するか。テロリズムを連想するか。フェンスは何を表すか。写真は一枚だけでは明確な意味合いを持つことが難しい。一枚の写真、つまり光を物理的化学的に紙の上に定着しただけのものを見て感動するのは受容者自身の中に教養があるから。写真に撮るのが難しいもの。人の意識、心や内面は本来なら写真には写らないはずであるが。。。

レビュー投稿日
2016年11月19日
読了日
2016年11月19日
本棚登録日
2016年11月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『話す写真: 見えないものに向かって』のレビューをもっとみる

『話す写真: 見えないものに向かって』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする