熱狂なきファシズム: ニッポンの無関心を観察する

4.03
  • (10)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 16
著者 :
isamu9さん ノンフィクション(教養書等)   読み終わった 


歴史的な低投票率の中で全体主義を掲げる安倍首相率いる自民党が圧勝する日本。つまり日本人は明確に意識したかどうかは別として、結果的にはファシズムを目指す政党に国家権力を委ねた。しかしファシズムと呼ぶにはヒトラーのような熱狂がなく、見えにくく、目立たなく、実感しにくい。。。ファシズムにとって最も邪魔なのは、主体的で自律的で能動的な個人の存在である。

レビュー投稿日
2017年12月16日
読了日
2017年12月16日
本棚登録日
2017年12月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『熱狂なきファシズム: ニッポンの無関心を...』のレビューをもっとみる

『熱狂なきファシズム: ニッポンの無関心を観察する』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする