ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

4.04
  • (1369)
  • (1412)
  • (854)
  • (128)
  • (30)
本棚登録 : 10158
レビュー : 1290
著者 :
isaonagashimaさん  未設定  読み終わった 

一ページ捲るたびに立ち止まって考えさせられるところの多い作品だったと思う。テンポもよく、軽い文体なのがかえって小説の重厚さを深めている。何が正しくて何が間違っている、なんて一概には言えない。そんな中でも、自分にとっての正義とは、『正しさ』とはなんなのか。そんな人生の本質を追求しようとする小学生が主人公で、感情移入させられるし、一緒になって考えこんでしまった。

************

例えば,目の前で飼い犬が殺されたら。


それを目撃して,心を閉ざしてしまった友人がいたら。


犯人には器物損壊の罪しか問えないとすれば・・・


あなたはどうやって罪を償わせますか?

レビュー投稿日
2013年1月6日
読了日
2012年11月16日
本棚登録日
2012年11月16日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする