白痴 (新潮文庫)

3.58
  • (205)
  • (222)
  • (520)
  • (35)
  • (12)
本棚登録 : 2623
レビュー : 269
著者 :
いささかさん 坂口 安吾   読み終わった 

『いずこへ』
どうしようもなくなった主人公が、ある小説の一節を思い出し、図書館へ行く。そこで手当たり次第に本の目録をめくるのだが。

「俺の心はどこにあるのだろう? どこか、このへんに、俺の心が、かくされていないか?」

これを読んだとき、まさに「これだ!」と感じた。本を読むという事は、なんだか、そういうことなのかもしれない。


『私は海を抱きしめていたい』
高校の教育実習で知り合った方が、この題名をいたく気に入っていたのがとても印象に残っている。
曰く「なんて綺麗な言葉だろうと思った」。


まあ、基本的にダメな男と女なんだけども。

レビュー投稿日
2012年10月28日
読了日
2010年10月28日
本棚登録日
2012年10月28日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白痴 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『白痴 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『白痴 (新潮文庫)』にいささかさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする