iKILL (星海社FICTIONS)

3.77
  • (7)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 13
著者 :
にとりさん 所蔵書(実家)   読み終わった 

星海社FICTIONSの初期ラインナップがファンタジー、SF、純愛と来てその後発売された4冊目が本作。
以前講談社BOXで出版された物のFICTIONS化らしい。

殺し屋・小田切が主人公の連作短編といった感じ。
なんかタイトルとあらすじ見ると「i-KILLネット」なるものが重要になってくるのか、とか思ってたらそれが出るのは最後の章で、しかもなんか2巻出すための繋ぎ要素にしか見えないのが残念。

若干グロ強め。一つ一つの話は面白いが、シリーズということでやっぱり次どうなるかが大事。
個人的には2巻はi-KILLネットよりも未久がどうなるかの方が気になるんだが・・・

レビュー投稿日
2012年6月21日
読了日
2012年6月18日
本棚登録日
2012年6月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『iKILL (星海社FICTIONS)』のレビューをもっとみる

『iKILL (星海社FICTIONS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする