佃島ふたり書房 (講談社文庫)

3.38
  • (4)
  • (6)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 18
著者 :
isoroku68さん  未設定  読み終わった 

出久根達郎さん、1992年の直木賞受賞作

古本屋の話、本好きにはそれだけでも楽しい
しかし物語は結構入り組んでいて、佃島という特殊な地域に対する愛着をたっぷりこめながら、共産主義や友情や恋の話を絡めつつ、過去と現在を行ったりきたりします

こうやって振り返るといろいろ詰め込みすぎ、作者が描きたかったのはなんだったんだろうという疑問も出てくるけど、タイトルそのまま、佃島の二人書房の物語を描きたかったということかな
いずれにしても楽しく面白く読めることは間違いなしです

レビュー投稿日
2015年1月19日
読了日
2014年12月17日
本棚登録日
2014年12月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『佃島ふたり書房 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『佃島ふたり書房 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする