◯高専の学生が地元の中小企業のデジタル化をサポートする仕組みをつくりたい。(210p)

◯地方の経済規模は思った以上に大きい。たとえば、鳥取県の県内総生産はラオスやブルネイのGDPと同程度である。(211p)

◯問題や課題がわかりやすくないので、自らの力で気づかなければならない。(中略)出来上がったもののよさを顧客に伝えなければならなくなった。(244p)

◯「OODAループ」は、観察(Observation)、適応(Orientation)、決定(Decision)、行動(Action)の四つのプロセスを回すもので、絶えず変化する状況のなかで迅速に意思決定し、行動に移すために使われる手法だ。(245p)

★企業、産業、医療や農業などの社会課題に対してデジタル化で改善を図るための視点や課題がわかる。

2019年8月17日

読書状況 読み終わった [2019年8月17日]

◯企業の目的は顧客の創造である。したがって企業は二つの、そして二つだけの基本的な機能を持つ。それがマーケティングとイノベーションである。(16p)

◯「顧客は誰か」との問いこそ、個々の企業の使命を定義するうえで、もっとも重要な問いである。(23o)

◯根本的な資質が必要である。真摯さである。(130p)

★原典は45年前に書かれたものであるが、基本と原則は現代にも通用する。

2019年8月16日

読書状況 読み終わった [2019年8月16日]

◯返却義務をなくし、選ぶ苦しみから解放する。ラクサスはそんなサービスを目指した。(24p)

◯サブスクで重要なのは「購入」を超えた価値を提供することです。(98p)

◯事業を運営する立場の担当者やビジネスリーダーが、自らカスタマーとして利用し検証する、というプロセスを作ることをお勧めします。(251p)

★成功例だけでなく、失敗例も紹介する。最後に紣川 謙氏による特別講座がある。

2019年8月14日

読書状況 読み終わった [2019年8月14日]

◯まずは、とにかく「図や写真で説明する」ということを意識しましょう。(13p)

◯それぞれの要素に、順序や流れがあったり、重要度が異なっていたりする場合は、それは箇条書きにすべきではありません。(26p)

◯グラフのどこが重要なのかを視覚的に示す(141p)

★Before/Afterの作例でわかりやすい。

2019年8月12日

読書状況 読み終わった [2019年8月12日]

★日経ビジネスの記事を再編集したもの。まとめて読めるのはメリットだが、やや古い記事もある。

2019年8月11日

読書状況 読み終わった [2019年8月11日]

  • 再読しました。

    再読了日:2019年6月2日

  • 再読しました。

    再読了日:2019年8月8日

読書状況 読み終わった [2019年4月9日]

◯いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ。(410p)

★勝海舟と出会い、龍馬は表舞台に出る。おりょうとも出会う。

2019年8月6日

読書状況 読み終わった [2019年8月6日]

読書状況 読み終わった [2019年8月2日]

★龍馬脱藩す。励ます乙女さんが潔い。

2019年7月27日

読書状況 読み終わった [2019年7月27日]

★人口減少といっても地域差がある。ポートランドみたいなコンパクトな街を目指せば豊かさは維持できるのでは。一方で高齢化は社会を変えるだろう。

2019年7月27日

読書状況 読み終わった [2019年7月27日]

★Chapter5が良い。10の事例について同じアプローチで、問題解決までの考え方を教えてくれる。データ分析手法よりも考え方が参考になった。

2019年6月30日

読書状況 読み終わった [2019年6月30日]

◯「長い時間×忍耐×創造性」によってのみ成しえる仕事がある。(30p)

★働くことに関する百科事典的な本。航海のメタファーによる「自立」「自律」「自導」の説明や、お伊勢参りのメタファーによる「目的」「目標」の違いの説明が分かりやすかった。

2019年6月29日

読書状況 読み終わった [2019年6月29日]

★毎年読んでます。

2019年6月23日

読書状況 読み終わった [2019年6月23日]

★エポックメイキングな企業、アマゾンについて知っておいた方がよい。知るのにこの本は最適である。

2019年6月20日

読書状況 読み終わった [2019年6月20日]

★市場環境の分析からターゲット設定、ポジショニングから商品コンセプト企画、ビジネスモデルまで新事業、新商品企画の一連の流れを解説。

★ストーリー形式でわかりやすい。

★ネットで収集した情報やネットアンケートの結果などの事例がリアル。

2019年6月18日

読書状況 読み終わった [2019年6月18日]

◯人生や仕事において我々に与えられる苦労や困難は、自分という人間を成長させるために与えられたものであり、その苦労や困難にはすべて深い意味がある。(191p)

◯一度その主張や言い分を「その人にとっての真実」という視点から受け止め、そうした思いに苦しんでいる部下やメンバーの姿に、一人の人間として「共感」することである。(213p)

◯我々は、リーダーとして誰よりも「必ず、我々のチームは、この仕事を成し遂げられる」という強い信念を持っていなければならない。(228p)

2019年6月11日

読書状況 読み終わった [2019年6月11日]

★アメリカの強さを実感した。

★5年前の本であるが、この本の背景を踏まえて、現在の石油化学企業のエチレンプラントはどうなっているのか、中国のシェール開発は、ロシアからのエネルギー供給は、栗田工業、荏原製作所などの水処理技術は、など様々な興味が湧いた。

★シェール革命の父、ジョージ・ミッチェル氏の生涯も興味深かった。

2019年6月9日

読書状況 読み終わった [2019年6月9日]

◯「ほぼ日」でセーターやブラウス、「穴かがり」をストーリー付きの商品として販売しておられる方々は、好きなモノづくりをして、大金は稼いでいないとしても、楽しく、人間らしく、誇りをもって生活できているはずです。(276p)

◯AIが得意な暗記や計算に逃げずに、意味を考えることです。生活の中で、不便に感じていることや困っていることを探すのです。(279p)

★ ショッキングな事実が歯切れよく解説され、楽しく読める。AIの現状もわかる。だが、対策の提案は少なく感じた。

2019年6月6日

読書状況 読み終わった [2019年6月6日]

★現代の教養が短時間でまとまって学べる。

2019年5月29日

読書状況 読み終わった [2019年5月29日]

読書状況 読み終わった [2019年5月27日]
ツイートする