日本の電機産業 何が勝敗を分けるのか

3.24
  • (1)
  • (9)
  • (15)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 7
著者 :
K→Tさん  未設定  読み終わった 

○こうした情報が集まるというサイクルは、アップルが社内にデバイスの製造事業を持たず、オープンソースから情報収集することを明らかにしているからです。そうすることで、デバイスメーカーは、自分たちの技術が盗まれるのではないかといった警戒心を抱かなくなります。(56p)

○サムスンの勝ちパターンは、確立された技術について圧倒的な資金調達力で大規模な設備投資を行うことで、競合企業に対して投資のタイミングで優位なポジションを確立するという戦い方です。(67p)

○日本の電機メーカーが苦境に立たされているのは、製品の機能の提案にとどまっていたり、バージョンアップや地域限定の製品の提案にとどまっていたりするからです。(134p)

★日本の電機メーカー各社を、詳細に分析してみせる。注釈も豊富。

レビュー投稿日
2014年8月26日
読了日
2014年8月26日
本棚登録日
2014年8月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本の電機産業 何が勝敗を分けるのか』のレビューをもっとみる

『日本の電機産業 何が勝敗を分けるのか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする