役人の生理学 (講談社学術文庫)

3.80
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 5
itomonaさん 歴史   読み終わった 

フランス七月王政期あたり、フランスが近代国家の形を成しはじめた頃の、役人の生態を描くエッセイ。付録にバルザックの小説抄訳とフロベール・モーパッサンのエッセイがついている。それらの時代背景等については、巻末の訳者解説223頁~229頁に実にうまくまとめられている。現代のサラリーマン的な生活様式が、たしかに200年近く前に生まれたことが、同時代を生きた筆者たちの筆により確認できる。月並みだが、本当に今の役人・サラリーマンと変わらないと思った。またバルザックの抄訳小説では、「小さな政府」論が展開されており、そうした論が近代的な政府の成立とほぼ同時に生まれていたことに驚きもした。

レビュー投稿日
2014年3月13日
読了日
2014年3月13日
本棚登録日
2014年3月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『役人の生理学 (講談社学術文庫)』のレビューをもっとみる

『役人の生理学 (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする