熱狂なきファシズム: ニッポンの無関心を観察する

4.03
  • (10)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 152
レビュー : 16
著者 :
itomonaさん エッセイ   読み終わった 

今の日本の政治状況に対する著者の見方に強く共感した。第1章と「あとがきのような『永遠の0』論」は今、多くの人々に読まれるべきだろう。また第3章の「観ること」の権力性に関する指摘や、現代のすぐれた表現活動(ドキュメンタリ、演劇)やそこで生み出されている新たなものの見方について、教えられるところがたくさんあった。

レビュー投稿日
2015年7月28日
読了日
2015年7月28日
本棚登録日
2015年7月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『熱狂なきファシズム: ニッポンの無関心を...』のレビューをもっとみる

『熱狂なきファシズム: ニッポンの無関心を観察する』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする