日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)

3.99
  • (148)
  • (180)
  • (106)
  • (16)
  • (5)
本棚登録 : 1488
レビュー : 164
著者 :
iwakiyamakenさん  未設定  読み終わった 

阿南惟幾、
終戦時の陸軍大臣だが、
この人は偉かった。

大臣になる前の
阿南については、
まったく知らない。

阿南は、
日本陸軍から、
降伏せず継戦するよう
突き上げられていた。

阿南が、辞表を出せば、
鈴木貫太郎内閣は瞬時に瓦解し、
結果、継戦、本土決戦となっていた。

終戦時、
首相官邸が、機銃掃射を受けていたり、
枢密院議長平沼騏一郎の私邸が放火を受けたことは、
知らなかった。

日本は、大東亜戦争と、敗戦、
その苦難のときを経て、
今がある。

今も国難である。
歴史を踏まえて、
今を判断しなければならない。

レビュー投稿日
2017年10月19日
読了日
2017年10月19日
本棚登録日
2017年10月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫...』のレビューをもっとみる

『日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)』にiwakiyamakenさんがつけたタグ

ツイートする