文字を作る仕事

3.74
  • (8)
  • (14)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 227
レビュー : 15
著者 :
iwanoaidaさん  未設定  読み終わった 

「水のような、空気のような」本文書体をつくりたい。という言葉がどんどんしみこんできた。

書体設計士という稀な職業の方のエッセイ集。もっと硬派なデザイン指南書を想定して読み始めたのだけれど、著者の生まれ故郷や書体デザインを志すきっかけとなった出来事、出逢い、別れ、これからのことなどが非常にやわらかい語り口でつづられるエッセイであった。文字に対する専門家の考えを読めることはもちろん有り難いのだが、読み物としても味わい深くおもしろい。著者のキャラクター性もあってか茶目っ気があり飾らない言い様はなんだか「信頼できる」と思う。

これから本を読む目がちょっと変わってしまいそうだ。というか、本を読みながら活字に目がいってしまって、「この書体はいい書体だと思うけど、どうかな」と考えてしまった。あとがきに自社の製作物であると書かれており、なんというか、ほっとした。

自分も手を動かしたくなる。

レビュー投稿日
2018年7月22日
読了日
2018年7月22日
本棚登録日
2018年7月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文字を作る仕事』のレビューをもっとみる

『文字を作る仕事』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする