くもの巣の小道―パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話 (ちくま文庫)

3.41
  • (3)
  • (8)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 5
制作 : Italo Calvino  米川 良夫 
【私家版】白水社営業部さん カルヴィーノ   未設定

少年ピンが加わったパルチザン部隊は、“愛すべきおちこぼれ”たちのふきだまりだった。普段、酒や女で頭がいっぱいの彼らが「死」をもってあがなおうとしているのは何なのだろう。なんとも嫌らしくて、不可解な大人たちである。パルチザンの行動と生活を少年の目を通して寓話的に描く。奇想天外な現代小説の鬼才・カルヴィーノの文学的原点の傑作。

レビュー投稿日
2016年10月14日
本棚登録日
2016年9月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『くもの巣の小道―パルチザンあるいは落伍者...』のレビューをもっとみる

ツイートする