冬の夜ひとりの旅人が (白水Uブックス)

3.63
  • (5)
  • (9)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 12
制作 : 脇 功 
【私家版】白水社営業部さん カルヴィーノ   未設定

あなたはイタロ・カルヴィーノの新しい小説『冬の夜ひとりの旅人が』を読み始めようとしている。しかしその本は三十頁ほど進んだところで同じ文章を繰り返し始める。乱丁本だ。あなたは本屋へ行き交換を求めるが、そこで意外な事実を知らされる。あなたが読んでいたのは『冬の夜ひとりの旅人が』ではなく、まったく別の小説だったのだ…。繰り返し中断され続ける小説を追いかけて世界をめぐる“男性読者”と“女性読者”の冒険。「文学の魔術師」による究極の読書小説。

レビュー投稿日
2016年10月14日
本棚登録日
2016年10月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冬の夜ひとりの旅人が (白水Uブックス)』のレビューをもっとみる

ツイートする