白雪堂化粧品マーケティング部峰村幸子の仕事と恋 (角川文庫)

3.18
  • (8)
  • (24)
  • (55)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 352
レビュー : 37
著者 :
相沢泉見さん  未設定  読み終わった 

若い女性が主役の「お仕事小説」のお手本のような一冊。化粧品会社・白雪堂に入社した峰村幸子は看板商品の「シラツユ」の担当になる。
シラツユはオーソドックスな商品だけど若い人に受けず、売上は下降中。先輩と共にそれを打開する企画を立てるも、上司には受け入れられない。
私生活では、就職浪人中の彼氏とはぎくしゃく。
CMタレントとして抜擢するはずの女優はライバル会社に持っていかれ…もしかして内通者がいる? …と問題も山積み。
数々の問題に悩みながら立ち向かっていく女性の姿が、ひたむきに等身大に書かれていて良かった。

レビュー投稿日
2019年1月13日
読了日
2018年11月16日
本棚登録日
2019年1月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白雪堂化粧品マーケティング部峰村幸子の仕...』のレビューをもっとみる

『白雪堂化粧品マーケティング部峰村幸子の仕事と恋 (角川文庫)』に相沢泉見さんがつけたタグ

ツイートする