つい他人に試したくなる読めそうで読めない漢字 (角川文庫)

制作 : 現代言語セミナー 
  • 角川書店 (2003年4月25日発売)
3.05
  • (2)
  • (3)
  • (29)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 139
感想 : 10
3

「つい他人に試したくなる読めそうで読めない漢字」3

編  現代言語セミナー
出版 角川文庫

p62より引用
“難しいけれど知ってみれば「なるほど!」
というのもあります。”

地球上にゆうに十万字を超えると言われる漢字の中から、
知っておくべき物とわかったら少し鼻の高いものを、
集めた一冊。
毎日見かける様な物からわけのわからない物まで、
読む人の知識が問われる漢字が盛り沢山です。

上記の引用は、
コラムの中の一文。
雑学の本などもそうですが、
自分の中に何か新しい物が入ってくる感覚は、
楽しい物です。
普段漢字は手で書かずPCで変換しているので、
忘れる一方です。
たまにはこの様な本で漢字を思い出すようにしないと、
いざ手で何かを書くときに困ってしまいそうです。
けれどこの本に出てくる漢字を書けるようになっても、
次に自分で読めるかどうか疑問です。

ーーーーー

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: か行
感想投稿日 : 2011年3月9日
読了日 : 2011年3月9日
本棚登録日 : 2011年3月9日

みんなの感想をみる

ツイートする