美しき拷問の本 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.20
  • (6)
  • (15)
  • (72)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 227
感想 : 26
3

「美しき拷問の本」3

著者 桐生操
出版 角川ホラー文庫

p42より引用
“一六世紀ハンガリーの伯爵夫人、
エリザベート・バートリは血のお風呂を何より好み、
つぎつぎと若い娘を近くの村から誘拐させてきた。”

西洋史が得意な著者による、
股間が縮み上がるような拷問や処刑方を記した一冊。
ローマ皇帝の拷問方から拷問道具についてまで、
根をつめて読むと疲れそうな記述が盛り沢山です。

上記の引用は、
エリザベート・バートリの拷問の項の冒頭の一文。
この一文で腹八分目になりそうなのに、
この人物だけで7項目に渡って紹介されています。
一つ前で紹介されている人物、
ドラキュラこと一五世紀のワラキア大公が、
2項目しかない所をみると、
彼女の拷問にかける情熱の強さは尋常でない事がよくわかります。
夜中に読むと一人でトイレに行きにくくなる一冊です。

ーーーーー

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: か行
感想投稿日 : 2011年11月25日
読了日 : 2011年11月25日
本棚登録日 : 2011年11月25日

みんなの感想をみる

ツイートする