現代霊性論

3.98
  • (49)
  • (70)
  • (41)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 489
レビュー : 69
著者 :
izumowolさん 人文   読み終わった 

浄土真宗本願寺派の僧であり、宗教学者でもある釈徹宗と
思想家であり仏文研究者である内田樹による共同(掛け合い)
講義録。内容は現代における霊性=スピリチュアリティへの
アプローチ。現代の日本人がいかにして霊的なモノに向き
合えばいいかということの指針の一助となる本。政教分離
からくる教育現場や家庭教育における宗教教育の欠除は
いかんともしがたく、そのため現代の日本人の若者、いや、
私と同じような中年世代の人間までもが宗教や霊性という
モノに対して免疫がなさ過ぎる。それがオウム真理教の
ような惨劇を産むのであろう。スピリチュアルの毒気に
あてられて人生を失わないように、多少なりともこういう本
が世間で読まれることを期待したい。

レビュー投稿日
2019年7月15日
読了日
2010年6月9日
本棚登録日
2019年7月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『現代霊性論』のレビューをもっとみる

『現代霊性論』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする