旅のラゴス (新潮文庫)

3.84
  • (768)
  • (983)
  • (795)
  • (154)
  • (35)
本棚登録 : 7831
レビュー : 930
著者 :
Yuki.Kさん  未設定  読み終わった 

初筒井康隆

旅人ラゴスが高度文明崩壊後の世界を南へ北へ向かう行きて帰りし物語。文明崩壊後に人類が突如として手に入れた特殊能力(転送、壁抜け、予知夢など)やスカシウマ、ムラサキコウ、ミドリウシなどの架空生物が当たり前のように存在する独特な世界観だが、先祖=高度文明(=現代の地球?)の知恵を手に入れたラゴスの「段階を踏まぬ飛躍は社会に有害であり、秩序が崩壊する」などの懸念は現実世界にも通じるものがある。

約250ページの中に半世紀くらいの物語が詰まっているため、別れや死も含めて、一章一章が淡々と語られるイメージ。
そんな中でも作品を通じてラゴスが忘れることができなかったムルダム一族の女性デーデという女性の存在に導かれて最後の旅に赴く。

当初の目的に向かう途中で直面する出会い、知恵、好奇心が新たな目的を作り出し、その無限のサイクルで人生というものは成り立っているのだということを思わせられる。

レビュー投稿日
2019年6月9日
読了日
2019年6月9日
本棚登録日
2019年6月9日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『旅のラゴス (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『旅のラゴス (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする