あさきゆめみし(4) (講談社漫画文庫)

3.68
  • (37)
  • (27)
  • (75)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 437
レビュー : 18
著者 :
翡翠さん 講談社漫画文庫   読み終わった 

夕霧と雲居の雁の結婚前ぐらい~女三の宮と柏木の密通(というより柏木の強引な…か?)の結果の懐妊が光源氏に発覚するぐらいまでの話。

「何でそこでそう思うの!!」と女三の宮に何度突っ込んだことか。
なーんも考えてないように生きてる私からそれだけ突っ込まれるということは、ほんとに何も考えがなかった、という感じなのだろうかねぇ。
ほかの女君たちは自由にならない中にでも、いろいろと自分の考えを持っているようなのに、なぜこれだけ女三の宮は“亜空間”に生きていられるのか…いろいろ謎な人だなと。

レビュー投稿日
2011年10月11日
読了日
2011年10月10日
本棚登録日
2011年10月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あさきゆめみし(4) (講談社漫画文庫)』のレビューをもっとみる

『あさきゆめみし(4) (講談社漫画文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『あさきゆめみし(4) (講談社漫画文庫)』に翡翠さんがつけたタグ

ツイートする