女生徒 (角川文庫)

3.72
  • (117)
  • (75)
  • (209)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 778
レビュー : 117
著者 :
jardin de luneさん 小説   読み終わった 

太宰治で持っているのはこれだけなのだけれど、おもっている太宰作品イメージとは違う。他のを読まないのは、きっと太宰作品でこれが一番好きだろうと予感するから。せっかくなので他の作品も読んでみた方がいいだろうか…
ちなみに1997年は改版の発行年で持っているものも改版だけれども、初版は1954年発行。1939年に書かれた「皮膚と心」には”私だって、二十八のおばあちゃんですし”との記述がある。八十二の間違いでもおばちゃんの間違いでもないあたりが時代を感じる。

レビュー投稿日
2012年5月2日
読了日
-
本棚登録日
2012年5月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女生徒 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『女生徒 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする