贖罪〈上〉 (新潮文庫)

3.96
  • (71)
  • (52)
  • (63)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 571
レビュー : 52
制作 : Ian McEwan  小山 太一 
jasmine8888さん 海外小説   未設定

まぁなんとも読みづらいイギリス純文学。
 イアン・マキューアンってブッカー賞作家なんですってね。日本でいう芥川賞?読みづらいはずだわ。かなりハイレベル本。雑誌の書評で絶賛されていて即購入、即読破したけれど、ちょっと期待が大きすぎた。「奇跡のような傑作」とか「衝撃のラスト」とか…大げさでしょう。

 衝撃の…というけれど、第三部で休暇中のブライオニーが書いた小説に対して出版社が書評を手紙で返してきた内容を読むと、ブライオニーが書いた作品はまるっきり第一部そのものではないですか。ってことは、従妹のふたごちゃんが行方不明になった事も姉のセシーリアが強姦された事件もみんなブライオニーの小説の中の作り事?となるじゃないですか。

 結局第一部も作り事だったのか、二部と三部だけ作り事だったのかよくわかりませんが、「贖罪」とタイトルつけてるんだからやっぱり第一部は実際の出来事だったんでしょう。無実のロビー(使用人の息子)を妄想で犯人に仕立て上げ、刑務所送りにしてしまった、姉との仲を引き裂いたその罪を小説の中でハッピーエンドにして償ったというわけか。なんだか最後までブライオニーの妄想につき合わされた感じで腹立たしい。

 
 ただイギリス郊外の美しい庭と豪邸、湖、教会、そこに住む家族と預けられてきた従妹たち、久しぶりに帰ってきた長男とその友達、使用人たち。何もかもが夢のような、それこそ小説の中のような描写で、この風景をぜひ映像で観たいと思わせる。まぁ結局ブライオニーの作り話ではあったけど、第二次世界大戦のさなか、ドイツ軍に追われる連合軍、フランスから引き上げる船を待つ負傷軍人の悲惨さが真に迫っていて、このあたりはおもしろく読める。

 小説では感動が得られなかったので、ぜひ映画でおさらいしたい。
 

レビュー投稿日
2017年3月6日
本棚登録日
2017年3月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『贖罪〈上〉 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『贖罪〈上〉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする