毎月新聞 (中公文庫)

4.22
  • (129)
  • (121)
  • (46)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 966
レビュー : 129
著者 :
jasmine8888さん 社会本   未設定

なるほど天才の頭の中はこんな風になってるのかと感心することしきり。東大教育学部卒業。電通時代にポリンキー、ドンタコス、バザールでごさーる等々シュールでコミカルな作品を次々と生み出し、独立後に作った「だんご三兄弟」は社会現象になるほどの記録的大ヒットにもなった。
いちやく時の人となったのが、新世紀を迎えようとする1990年代後半。この「毎月新聞」が毎日新聞に創刊準備号として「じゃないですか禁止令」を掲載したのは1998年10月。なのに15年以上経った今読んでも、少しも色あせを感じない彼の発想力。
なんだろう、むずかしいことをこれほどまでに柔らかく考えられる人って、そしてそれを面白く伝えられる人って、やっぱり天才ですよね。
なんでもないことに疑問を感じたり、不思議に思ったり。
いろんなことを別の視点から考えてみたり。
第6号「日常のクラクラ構造」を読めば、彼の普通じゃないところがよくわかる。ゴミ袋を入れていた外袋は、最後のゴミ袋を取り出した途端にゴミとなり、自分が入れていたゴミ袋の中にゴミとして入れられる。その様を見てクラクラする。1万円で財布を買い、おつりを買った財布の中に入れたときに財布+おつりで1万円という構造について考えてクラクラする。…え?でしょ?クラクラしますか?
この摩訶不思議なクラクラ構造が、大ヒットを生み出す礎なんでしょうね。

レビュー投稿日
2014年3月24日
本棚登録日
2014年3月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『毎月新聞 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『毎月新聞 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする