コロボックル物語別巻 小さな人のむかしの話 (児童文学創作シリーズ)

著者 :
  • 講談社 (1987年12月11日発売)
3.78
  • (12)
  • (9)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 90
感想 : 8
4

長男の寝る前音読本。すでにシリーズ5冊は読破。
自分は、小学生時代に5巻まで読んでいたが、この本は最近気がついた。

「昔のはなし」なので、レギュラー陣は出てこないのだが、あとがきで彼らの「消息」がちょっと語られてる。さとる氏が、「なぜか女子読者からフエフキに関する質問が多く...」といったことを(笑)。やっぱり、みんなおんなじだなー。
「永遠に年を取らない登場人物でなく、リアルに時代を生かせたかった」という記述も、心に響いた。数えれば、ヒイラギノヒコたちはさとる氏とほぼ同年だし、通信社の面々もおじいちゃんになってるはず...と考えると、さびしいけど。

本編では、シンデレラと一寸法師を合わせたような、ヒコと人間の女性の恋物語がよい。ラストで思わず泣けた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 子供向け
感想投稿日 : 2010年2月9日
読了日 : 2010年2月9日
本棚登録日 : 2010年2月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする