悪党芭蕉

3.26
  • (2)
  • (4)
  • (16)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 9
著者 :
wasabiさん  未設定  読み終わった 

江戸も初期から中期に差し掛かろうというころ。世はまさに太平。幕府は戦から解放され、公家のみならず武家までもが文道にうつつを抜かす。将軍自ら若衆道に陥り、男色が恥じられることもない淫乱な時代。その申し子が芭蕉であったとは。句の良し悪しなんぞ評する知識を得ないが、「不易流行」やら「軽み」の思想にたどり着いた芭蕉の句であるからこそ、時が移れど褪せることなしと感じる。

レビュー投稿日
2014年6月17日
読了日
2006年12月29日
本棚登録日
2014年6月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悪党芭蕉』のレビューをもっとみる

『悪党芭蕉』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする