空中ブランコ

3.77
  • (920)
  • (1209)
  • (1601)
  • (73)
  • (16)
本棚登録 : 6291
レビュー : 1224
著者 :
wasabiさん  未設定  読み終わった 

稚気に富む神経科医の伊良部って、実のところ脇役なんかなぁ。偶然に彼のところを訪れた悩める患者たちが主役で、もちろんいくらかは治療の効用もあるのだけれど、基本的には周りの仲間たちの支えと時間とがクスリになって病を克服していく物語でしょ。伊良部が天然なのか計算尽くなのかは知れないけれど、尋常でない振る舞いがおもしろいと受容できるかどうか。あまりに現実と乖離していてきついか。患者の設定が富んでいるのが魅力で、小説で読ませるより脚本にして観せた方がいいのかも。田舎の公務員を患者に仕立ててストーリーを考えてみるが、どんな病の設定がおもしろいやら、なかなか思いつかない。

レビュー投稿日
2018年12月4日
読了日
2007年9月7日
本棚登録日
2018年12月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『空中ブランコ』のレビューをもっとみる

『空中ブランコ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする