KAGEROU

2.70
  • (82)
  • (343)
  • (994)
  • (697)
  • (262)
本棚登録 : 4973
レビュー : 1191
著者 :
ji-maさん 現代小説その他   読み終わった 

編集者の才を疑いたくなる文章力。稚拙な表現力が苛立ちを助長させる。
荒削り、ではなく、軽く薄い。まるでタイトルのかげろうの翅、そのままに。

それでも、確かに命があった。
翅の先には、肉体があった。

技巧をこらすのが、登場人物の奥底までを暴きだすのが、小説ではない、と。
畳みかけるように、引き摺りこまれていく。

「つまり、私たちが取り扱っているのは命の抜け殻なのです。」

自分をころす。
これほど真正面に突き付けた言葉をほかに知らない。



脳は売り物にならないという。それはどこにいくのだろう。キョウヤとはナニモノなのだろう。もしかしたら、キョウヤは取引相手の脳を移植され続けているのではないのだろうか。大東もいっていた。移植された脳は肉体と馴染み徐々に「その人」になっていくかもしれない、と。そうしてキョウヤは永遠にキョウヤであり続ける。キョウヤ自身が命のリサイクルそのもので、回し続けなければ生きていけない象徴なのでは、なんてね。

答えはきっと、読んだ人の分だけある。

レビュー投稿日
2011年1月2日
読了日
2011年1月1日
本棚登録日
2019年12月31日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『KAGEROU』のレビューをもっとみる

『KAGEROU』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『KAGEROU』にji-maさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする