ひざまずいて足をお舐め (新潮文庫)

3.46
  • (108)
  • (97)
  • (337)
  • (30)
  • (7)
本棚登録 : 1295
レビュー : 104
著者 :
一条さん    読み終わった 

山田詠美節炸裂w自伝的小説らしい。普段あまり知られていないSM界の事が垣間見えてその点ではとても面白かった。本当にあったの!?と思わずギョッとするようなプレイ有。偏見の目で見られしまいがちな職業だが、どんな世界でも汗水流して肉体労働している人たちが、切なくも愛おしく思える。一種の職業本だと思って読むと、一層楽しめるかも・・・?

レビュー投稿日
2014年2月17日
読了日
2014年2月17日
本棚登録日
2014年2月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ひざまずいて足をお舐め (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ひざまずいて足をお舐め (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする