カメハメハ大王 ハワイの神話と歴史

著者 :
  • 勉誠出版 (2008年10月24日発売)
3.60
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 14
感想 : 2
4

変な感想だが、この本を読んで安心した。この世の楽園とも言われるハワイにも、人間が住み着き、そこで営まれてきた生活や文化の中では、やはり良くも悪くも人間らしい歴史の歩みがあったのだということを気付かせてもらえたからだ。
血なまぐさい権力闘争の過去、初代カメハメハによるハワイ統一、クックに始まる欧米列強の国々との出逢いから始まり翻弄されていく様。アメリカによるハワイ王国の解体、合衆国への併合からハワイの王国としての地位を守らんがために日本の皇族との縁組を画策したカラカウア王の逸話。そしてハワイを語る上では外せない神話の世界。それに伴って神々に捧げられた人身御供は楽園ハワイのイメージからは及びもつかない。
本書の最後で展開されている、日本からの移民たちがハワイ王国の晩年、そしてアメリカによる併合の瞬間を目の当たりにした感想が実に興味深かった。欲をいえば、ハワイのみならずポリネシア文化を理解するためのキーワードでもあるカプ(タブー)についてのもう少し丁寧な説明があると良かったのだが、あくまでカメハメハを中心としたハワイ王国史の流れをアウトライン的につかむ読み物としてはまずまずだと思う。
ただ、誤字や脱字がかなり目立つ点は非常に残念である。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 太平洋地域文化・歴史
感想投稿日 : 2012年4月19日
読了日 : 2012年4月18日
本棚登録日 : 2011年5月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする