最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

3.19
  • (63)
  • (208)
  • (433)
  • (125)
  • (23)
本棚登録 : 2632
レビュー : 311
jkrabiさん  未設定  読み終わった 

短編集は好きではないのだが、女性作家の本はあまり読まない方で、気になっている方々の文章をちょこっと読むには適しているなと思い手に取る。

タイトルをみるとド直球の恋愛物かと思うが、そこはさすが一癖も二癖もある著名人、読書感は不思議な感じすらする。

名前は知らなかったが松尾由美氏の「わたしは鏡」が面白かったな。
そして角田光代氏の文章の存在感!

レビュー投稿日
2019年8月15日
読了日
2019年8月10日
本棚登録日
2019年8月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (...』のレビューをもっとみる

『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする