脳から「うつ」が消える食事 (青春新書INTELLIGENCE) (青春新書INTELLIGENCE 283)

著者 :
  • 青春出版社 (2010年7月2日発売)
3.84
  • (11)
  • (20)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 176
感想 : 22
4

以前も鬱に糖質の摂取過多が関係しているという本を読み、この本を読むことでやはりなと思う。現代の精神病は糖質が関係していると。
読んでいて私は「亜鉛欠乏」気味仮名と思う。
「果物=健康にいいと言う考えは捨てて欲しいにはビックリ」更にドライフルーツ、100%ジュース、野菜ジュースも糖質取り過ぎになるとのこと。

【学】
リーキーガット症候群:食物の吸収が速くなってしまうので、血糖値が急に上がって急に下がる。また、食物アレルギーも

脳を元気にする3つの食べ方
・カロリーではなく、糖質の含有量を意識する→玄米、麦ご飯、ライ麦パン、そば、サツマイモ。逆にジャガイモはNG

新宿溝口クリニック

【我々に出来そうなこと】
・食べる順番を意識する。食べる回数(間食)を増やす→途中にナッツを少し食べる。よく噛んでゆっくら食べる。寝る前にホットミルク、無糖ヨーグルト
・(そもそも食べる方でも無いし)おやつを止めよう
・麦ご飯、玄米ご飯を始めよう
・珈琲に砂糖、コーヒーフレッシュを入れて飲むのは止めよう
・砂糖をオリゴ糖、羅漢(ラカン)糖に変える
・食べた直後に15分運動、歩く

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2016年8月22日
読了日 : 2016年8月17日
本棚登録日 : 2016年8月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする