どうか忘れないでください、子どものことを。 (一般書)

4.29
  • (7)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 6
著者 :
jkrabiさん  未設定  読み終わった 

児童精神科医の育児書。嫁に進められて手に取る。我々が良いなと言う、感覚を共有もできたし、本書に共感できたし、忘れず実践して行きたい言葉も多い。

【学び】
子育てでなにより大切なのは、「子どもが喜ぶこと」をしてあげることです。そして、そのことを「自分自身の喜び」とすることです。

親は教育者にならないで、絶対的な保護者であれ。「説教をして言うことを聞かないから体罰」と言うのは最悪です。

親が9割手伝って、最後の1割できれば誉めてあげましょう。

14123 再読改めて大切なことを確認。振り返れば必ずママがいる、という安心感ほど大きいものはありません

レビュー投稿日
2014年5月7日
読了日
2014年5月6日
本棚登録日
2014年5月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『どうか忘れないでください、子どものことを...』のレビューをもっとみる

『どうか忘れないでください、子どものことを。 (一般書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする