The Secret Agent: A Simple Tale (Penguin Classics)

著者 :
制作 : MichaelNewton  J. H.Stape 
  • Penguin Classics (2007年9月25日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 1
3

イギリスに潜伏するスパイが上からの命令でグリニッジに爆弾をしかけるのだが、計画通りに事が運ばず…。というと、スパイもののように思えるが、スパイ、それとは知らずに結婚した妻、さらにスパイの同僚の観点から爆弾事件の当日が思いっきり自己中心的に語られる。コンラッドの英語は慣れるまで時間がかかる。終わり方はとても後味の悪かった。同時進行で読んだ「ナイロビの蜂」とは対照的な女性像で、そこは時代を感じたけれど、当時は女性の自立は難しかったのだろうなとも思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: Mystery
感想投稿日 : 2018年7月25日
読了日 : 2018年7月24日
本棚登録日 : 2018年4月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする