Weapons of Math Destruction: How Big Data Increases Inequality and Threatens Democracy

著者 :
  • Penguin (2017年7月6日発売)
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
3

アメリカにおけるビッグデータの分析の悪例を挙げ、それらの多くが実は貧富の格差を広げたり人種差別を増長することに加担していることを示した本。タイトルはWeapons of Mass Destruction(大量殺戮兵器)をもじったもの。Mass(大量)をMath(数学)にすることで、数字が多くの人々の生活を脅かす兵器となるという意味を込めている。一見中立に見えるデータの陰に偏見や差別が分析する側が意識せずとも存在しているというのがよくわかる本だった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: Non Fiction / Biography
感想投稿日 : 2023年5月3日
読了日 : 2023年5月3日
本棚登録日 : 2023年5月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする