In the Country of Last Things

著者 :
  • Faber & Faber (2005年2月3日発売)
4.17
  • (5)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 3
4

Annaがやってきたのは、物が急速に無くなっていき、人々は路頭に迷い、飢え、死んでいく国だった。Annaは生き延びるだけで精一杯だったが、もう戻れないであろう故郷の友人にあててこの「手紙」を書いている。

自分だったら、こんな極限状態に置かれたらどう行動するだろう。この本にある「国」は、事実難民キャンプなどとして存在している。空想の世界ではない。しかし、本に出てくる出来事は、難民キャンプでなく、ひどく誇張された「日常」ともとれる。それがいっそう不気味でもあり、物語に引き込まれたところでもあった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: Science Fiction
感想投稿日 : 2017年7月21日
読了日 : 2017年7月20日
本棚登録日 : 2017年7月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする