人に聞けない大人の言葉づかい (中経の文庫)

3.04
  • (5)
  • (14)
  • (39)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 325
レビュー : 40
著者 :
johntamaさん  未設定  読み終わった 

 言葉遣いというのは、何歳になっても難しいもので、いや、逆に歳をとればとるほど、言い方には気を遣うことが多くなりますね。

 この本では敬語はもちろんですが、大人だから使うわざと曖昧にした表現であるとか、漢字やカタカナ言葉を使うセンスであるとか、得する言葉、損する言葉などが紹介されています。

 いわゆるハウツーもののように、網羅的に書かれているわけではなくて、エッセーが寄せ集められた感じですので、この本で全てをマスターしようというのは無理ですが、言葉遣いのどんなところに気をつければいいのか、そのツボのようなことは理解できるようになっています。

 最後の章に絶対語感というのが紹介されています。つまり、おかしな表現に出会ったときに、理屈ではなくおかしいと感じられるセンスのことですが、この絶対語感を磨くためには、子供時代の言語環境、すなわち親の言葉遣いが大事だなあと、改めて反省しました。

レビュー投稿日
2014年3月28日
読了日
2010年9月29日
本棚登録日
2014年3月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人に聞けない大人の言葉づかい (中経の文...』のレビューをもっとみる

『人に聞けない大人の言葉づかい (中経の文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『人に聞けない大人の言葉づかい (中経の文庫)』にjohntamaさんがつけたタグ

ツイートする