春琴抄 (新潮文庫)

3.90
  • (758)
  • (669)
  • (909)
  • (43)
  • (4)
本棚登録 : 6207
レビュー : 743
著者 :
josejose0804さん  未設定  読み終わった 

盲目の三味線師匠・春琴と、幼い頃より彼女に付き添い献身的に奉仕する佐助。春琴に寄り添い、全てを春琴に捧げる佐助の生涯からは、彼の人生が幸福に満ちていたことを読み取れます。

しばしば偏執的に受け取られがちな被虐趣味としての『マゾヒズム』ですが、佐助が人生をもって示したそれは、純粋で素直な感情が為せるものでした。
作中にある『ジャン・ジャック・ルソー』とは、性格の違うものなのです。


物語の終盤で佐助が下した一つの決断。やり過ぎとも思えるようなこの行動が、私には大変に美しい行いのように見えました。
ここまで直向きに愛された春琴が、果たして幸せだったのかどうか。この問いについても、読み終える頃にはきっと答えを得るはずです。


静かな世界。暗くともたった二人だけの、輝ける世界の物語です。

レビュー投稿日
2011年11月1日
読了日
2011年11月1日
本棚登録日
2011年11月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『春琴抄 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『春琴抄 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『春琴抄 (新潮文庫)』にjosejose0804さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする