日本を愛した植民地 南洋パラオの真実 (新潮新書)

3.46
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 66
レビュー : 11
著者 :
josuienseiさん 歴史全般   読み終わった 

「特亜」は植民地時代の日本の統治を忌避し否定する。パラオなどそれ以外の国は、比較的好意を持って受け容れる。
植民地(委任統治領)で、日本政府や民間企業が行なった事に大差は無いはずだ。

違いは民族的なプライド(小中華思想)と教育に大きく起因するものと思う。
本書では、現地人のエピソードは多く掲載されているものの、その根本的原因に関しては、深く考察されていない事が残念である。

レビュー投稿日
2018年8月25日
読了日
2018年8月25日
本棚登録日
2018年8月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本を愛した植民地 南洋パラオの真実 (...』のレビューをもっとみる

『日本を愛した植民地 南洋パラオの真実 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする