【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)

3.42
  • (50)
  • (201)
  • (240)
  • (49)
  • (10)
本棚登録 : 1414
レビュー : 207
著者 :
ポプラ並木さん 恐怖、ホラー、グロテスク   読み終わった 

今もがん研究に関わっているので、いつかは読むべきと思っていた。築地のがんセンター・腫瘍内科医の夏目が主人公。転移性のがんが消えるという立て続けに4例経験。いずれも湾岸医療センターからの転院患者、このセンターでは患者の初期のがん細胞を培養し、切除後に再度体内に戻し、そのがん細胞を抗がん剤で叩くというあり得ない真相。内容は保険金詐欺、犯人の娘の死への復讐が入り乱れる。現在もがん研究に関わっていますが、患者さんの苦悩は痛いほどわかる。臨床家・研究者はデータに謙虚(即ち、EBM)であるべきだと思います。

レビュー投稿日
2020年8月11日
読了日
2019年11月3日
本棚登録日
2020年8月11日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『【2017年・第15回『このミステリーが...』のレビューをもっとみる

『【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする