冬の保安官 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.04
  • (0)
  • (5)
  • (47)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 145
感想 : 9
3

大沢在昌の短編集。
いろいろなタイプの大沢作品が読めるのはいいんだけど、逆にそれが散文的というか、まとまっていないというか。

後のシリーズ物となる「ジョーカーの選択」とか、幻のSF連作短編「ローズ」など、貴重な作品もある。

一番読み応えのあったのは、一番長い作品「ナイト・オン・ファイア」。
大沢在昌が書く、女性が主人公のハードボイルドはやっぱりいいね。

あと、「カモ」も結構いい味。

こう書いていくと、やっぱり大沢在昌ってエンターテイナーだなぁ、って思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ハードボイルド
感想投稿日 : 2015年10月9日
読了日 : 2015年10月9日
本棚登録日 : 2015年10月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする