魂手形 三島屋変調百物語七之続

著者 :
  • KADOKAWA (2021年3月26日発売)
3.95
  • (144)
  • (266)
  • (141)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 1984
感想 : 218
4

面白かった。富次郎がおちかから引き継いで2作目、おちかはでてこないが、おちか情報はたっぷり。語られるのは3つで、火焔太鼓、一途の念、魂手形。百物語にふさわしい、異形が出てくるトワイライトゾーン的なホラーではあるが、ベースが人情話で読了感暖かくほっこりさせられる。3話すべて甲乙つけがたいが、やはり読み応えがあるのが魂手形、好みなのが火焔太鼓。一番気持ち悪く、ゾッとしたのが一途の念。
ただし、今作のエンディングはめちゃめちゃ不穏。やだねぇ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ホラー・スリラー
感想投稿日 : 2021年5月13日
読了日 : 2021年5月13日
本棚登録日 : 2021年5月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする