The Perks of Being a Wallflower

著者 :
  • MTV Books (1999年2月1日発売)
3.73
  • (4)
  • (9)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 9
4

高校生という年齢の割にはピュアすぎる心の持ち主Charlie...もしかして自閉症っていう設定なのかな?と思ったほど。他の人もレビューで書いてたけど、正しく"The Curious Incident of the Dog in the Night-Time"の主人公Christopherとイメージが重なることが多かったです。人があまり着目しないところによく気づくとことか、観察力が優れてるというか感受性が強いというか。そんなCharlieのline of thoughtを追っていくのは興味深かった。そして最後のほうで明らかになる、aunt HelenがCharlieにしてしまっていたことというのは、くっきりハッキリ書かれているわけではないけど、つまりそういうこと…ですよね??だからCharlieの担当医も、彼の幼少時代のことを毎回質問したがったと。ということは彼がちょっと変わったキャラクターのように見えてしまうのも、過去にそういうことがあった影響で…っていう設定なのかしら。

とにかく、ピュアで観察力の優れたCharlieの視点から描かれる人々の描写や、彼の思考回路なんかが手紙形式で綴られていて、面白かったです。映画版も観てみたいなー。Samがエマ・ワトソンなのかな?ちょっとイメージ違うけど、気になる!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: Young Adult
感想投稿日 : 2013年1月27日
読了日 : 2013年1月27日
本棚登録日 : 2013年1月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする