東洋の理想 (講談社学術文庫)

3.40
  • (6)
  • (7)
  • (17)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 192
レビュー : 11
著者 :
jun55さん 歴史   読み終わった 

・「アジアは一つである」をテーマに日本の文化について中国やインドの学問、宗教からの影響を時代を追って解釈している。
・アジア文化の歴史的な富を唯一日本でのみ知ることができる、とする点は、現代人の我々の意識にあるのだろうか。
・日本の文化を欧州文化と比較するところはテーマが壮大。明治時代をルネサンスと重ねる視点も面白い。
・宗教や芸術に関する史実の知識がないと読んでいて深まらない(未消化状態になる)。知識欲求を刺激する本だ。

レビュー投稿日
2011年3月6日
読了日
2011年3月6日
本棚登録日
2011年2月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東洋の理想 (講談社学術文庫)』のレビューをもっとみる

『東洋の理想 (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『東洋の理想 (講談社学術文庫)』にjun55さんがつけたタグ

ツイートする