明治国家をつくった人びと (講談社現代新書)

3.35
  • (5)
  • (4)
  • (13)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 142
レビュー : 18
著者 :
波瀬龍さん 本・雑誌   読み終わった 

【期待したもの】
・明治を語る時によく出てくる有名人だけではなく、あまり表に出てくることがないエリート官僚を描く、ということで期待した。確かに、あまり聞いたことがない名前が出てくるが、紙数が割かれていたのは、やはり有名人。

【要約】
・明治政府における国家のグランドデザインは、やはり伊藤博文。明治天皇は伊藤の暗殺後、後を追うように、とまでは言わないまで、元気をなくしたまま崩御した。

【ノート】
・ブーランジュ

・そう言えば、なぜわざわざ¥1,000円札のデザインは伊藤博文から変わったんだっけ?

レビュー投稿日
2018年10月28日
読了日
2013年8月6日
本棚登録日
2018年10月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『明治国家をつくった人びと (講談社現代新...』のレビューをもっとみる

『明治国家をつくった人びと (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『明治国家をつくった人びと (講談社現代新書)』に波瀬龍さんがつけたタグ

ツイートする