(045)病名がつかない「からだの不調」とどうつき合うか (ポプラ新書 つ 2-1)

著者 :
  • ポプラ社 (2014年11月4日発売)
3.24
  • (1)
  • (7)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 59
感想 : 13
3

【由来】
・確か図書館の新書アラート

【期待したもの】
・「病名がつかないからだの不調」というのは確かにある。そんな自分の体の状態に関する知見が得られるのであれば。

【ノート】
・病名は、実はひとくくりに決められるものではない。あくまでも「状態」なのであり、したがって、完全に「病気」がない状態というのもない。

・西洋医学は、分断された局所的、戦術的な治療に有効で、東洋医学は人体のネットワークを視野に入れた戦略的な治療。

・上工は「未病」を治し中工は「己病」を治すと言うが、医者を盲信するのではなく、上手に活用しながら、未病を意識して付き合うのがよい。

 タイトルに対する期待感からすると、何となく医者の言い訳が陳述されているという印象がないでもないが、実はその印象にこそ、我々、患者/受診者側の勘違いが潜んでいる。診断結果として病名が宣告され、それに合った薬がもらえればそれで安心するの?それでいいの?と問いかけられているように感じた。
 西洋と東洋の治療の違いなども概説しつつ、「治療とはどのような行為か」に言及し、医療にできることとできないことや、今の治療の仕組み、プロセスを説明することによって、「病気かも?」「何の病気?」という自分の不安感や医者とうまくつき合うための考え方を提示してくれる本。これからどんどん増加していく「高齢化世代」に片足をつっこんでいる自分にとって、「困った患者」にならないための視点を提供してもらった印象です。

【目次】
第1章 なぜ病名がわからないのか
第2章 医師はどのようにして診断をつけているか
第3章 現代医療にできること、できないこと
第4章 よくわからない「不調」とのつき合い方
第5章 患者は医師とどうつき合えばいいのか

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 本・雑誌
感想投稿日 : 2018年10月28日
読了日 : 2014年12月27日
本棚登録日 : 2018年10月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする